NEX-5にL39アダプターでオールドレンズを遊ぶ!

前回ご紹介したように、
NEX-5にM42のマウントアダプターを使って、
一気に使用レンズが豊富にはなったのですが・・、

しかし、画像でもご覧いただけていたように、
せっかくのミラーレス一眼のコンパクトボディなのですが、、
そこに一眼レフ用のマウントアダプターを装着してしまうと、
フランジバック分のスペースのために、結局サイズがかさばってしまいます。

M42用のマウントアダプターだけで、
NEX-5A標準装備のレンズE 16mm F2.8と同じぐらいのサイズになってしまうんですね。
そこにさらに、F1.8クラスとかのの大口径レンズですと・・。


そんなわけで、他のマウント規格でいいものがないかと探してみましたが、、

NEX-5の武器のひとつでもあるコンパクトさを考慮したうえで、
バランス、相性の良さそうな既存のマウント規格を考えると、
必然的にレンジファインダーのマウント規格が浮かびあがってきます。

その中から、比較的安価なレンズも出回っていたりして、
なんだかクセモノなレンズ、おもしろレンズが豊富なマウント規格というと・・、

というわけで、
L39用のマウントアダプターも買ってしまいました。

a0196238_9195782.jpg

やはり、ロシア製レンズよりJUPITER-8 50mm F2.0を装着。
このジュピター8は、ゾナー50mm F1.5のコピーだそうです。


a0196238_920138.jpg

FED 50mm F3.5 沈胴式レンズを装着
沈胴させてしまうわけにはいかないですが・・。(センサーにあたる)

こちらもやっぱりロシア製。
エルマーのコピーって言われてますが、どうなんでしょう?

このあたりは、
コレクションのロシア製カメラから拝借してきました。
L39をチョイスしたのは、既に何本かあったからという理由でもあります。


しかし、いざL39を使いはじめたら、
物欲が刺激されてしまいました。。

a0196238_9202256.jpg

nikkor-H.C 50mm/f2
かっちゃいました^^




にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by wzwzny | 2011-06-17 09:57 | 機材
<< NEX-5でオールドレンズ実写... NEX-5 >>